おススメ・お役立ち

心を清め願いを叶える神社参拝の正しいお作法

投稿日:

 

あなたは神社に参拝に行かれますか?

初詣でかならず行ってるよと言う方もいらっしゃれば、滅多に行かない言う方もいらっしゃるでしょうね。

私は神社の「キリッ」とした空気感が好きで、散歩がてらに神社に参拝に出かけています。

 

ところで、神社の参拝でお作法があるのはご存知でしょうか?

「二拝二拍手一拝」は聞いたことがあるけれど、詳しくは知らないという方もいらっしゃるかもしれませんね。

そこで、今回は神社参拝の正しいお作法をご紹介します。

 

 

神社の鳥居をくぐるとき

まずはじめに、神社に参拝するときは、必ず正装で行きましょう。

参拝の際の服装に、特に決まりはありませんが、ちゃんとした格好で行くのが、参拝のお作法なんですね。

 

さて、神社の入り口には、必ず鳥居があります。

この鳥居は、神様のいらっしゃる場所と人間が住む場所の境界を示すもので、鳥居を一歩入ると、そこからは神域となります。

なので、鳥居をくぐるときは、必ず立ち止って軽く一礼しましょう。

(これを「一揖(いちゆう)」、あるいは、「小揖(しょうゆう)」と呼びます)

「今から、神様のいらっしゃる場所にお邪魔します」という最初のご挨拶です。

 

それと神社には、いくつか入れる道がありますが、できるだけメインとなっている参道からお参りすること。

 

鳥居は、メインの参道の一番外側にあるのが「一の鳥居」で、順に「二の鳥居」「三の鳥居」と呼ばれています。

最初の一礼(一揖)は、「一の鳥居」だけで大丈夫ですよ。

【スポンサーリンク】


神社の参道の歩き方

神社の中を進むときは、参道の真ん中を歩いてはいけません。

参道の真ん中は「正中」と呼ばれる神様の通り道なので、そこを参拝者が通るのは良くないのです。

できれば、参道の左側を歩くといいですよ。

 

お清め

本来であれば、参拝の前は全身を水でお清めして、禊(みそぎ)を済ませるのが正式なお作法ですが、実際にやるとなるとなかなか、大変ですよね。

そこで現代では、参道の脇にある手水舎(てみずや)で、手と口を清めることとしています。

 

具体的なお作法は、

  1. 右手で柄杓(ひしゃく)を持ち、溜まっている水をすくい左手を清める
  2. 柄杓を左手に持ち替えて、右手を清める
  3. もう一度柄杓を右手に持ちかえ、左手の掌(てのひら)に水を受けて、口をすすぐ
  4. すすぎ終わったら、水を左手にかけて清める
  5. 最後に、両手で持った柄杓を立てて、中の水で柄の部分を洗い流し、柄杓を元の位置に戻す

となります。

 

ここで気をつけたいのは、水は最初に柄杓ですくった分だけで済ませること。

何度も水をすくうのは、お作法としてよくありません。

それと、口を清めるのに、直接、柄杓に口をつけるのは絶対にNGですよ。

 

神社での拝礼のお作法

拝礼するときは、服装は整え、できるだけ神前の中央には立たないようにします。

冬場でもコートを脱ぐのがお作法ですが、初詣などで混雑しているときは、せめてマスク・帽子・マフラー・手袋を脱いでから拝礼しましょう。

 

拝礼の流れは以下の通りとなります。

  1. 姿勢を正して、一歩、前に出る
  2. 一礼(一揖・軽いお辞儀)をする
  3. お賽銭を賽銭箱に入れる
  4. 鈴があれば、一度だけ鳴らす
  5. 深いお辞儀を二回する(二礼)
  6. 胸の前で両手を合わせてから、拍手を二回する(二拍手)
  7. 願い事をお伝えする
  8. 深いお辞儀を一回する(一礼)
  9. 一礼する(一揖)
  10. 神前の中央でない位置で参道を戻る

なお、帰るとき「一の鳥居」をくぐって外に出たら、その場で立ち止まって振り返り一礼(一揖)するのを忘れないように!

【スポンサーリンク】


拝礼の注意点・補足点

拝礼の流れは上に書いた通りですが、いくつか注意したいことや補足しておきたいことがあります。

 

「二拝二拍手一拝」

一般的には「二拝二拍手一拝」と言いますが(二礼二拍手一礼とも言います)、これを少し丁寧に行う作法が、

「一揖二拝二拍手一拝一揖」

なのです。

 

「二拝二拍手一拝」の最初と最後に一回ずつ軽くお辞儀する一揖が加わっていますが、最初のお辞儀は「これから拝礼させていただきます」というご挨拶、最後のお辞儀は「拝礼が終わりました」と言う意味をこめたものです。

 

拝礼の際に行う「拝」は深いお辞儀のこと。

鳥居をくぐるときや拝礼の前の礼(一揖)とは違って、深々とお辞儀をすることを言い、正式なお作法では90度になるまで頭を下げるとされています。

この「拝」をするときは、背筋をのばしたまま、ゆっくりとお辞儀するのが正しいやり方です。

 

お賽銭

初詣などで、人がたくさんいるときは仕方がないのですが・・・、基本的には、お賽銭はそっと賽銭箱に入れるのがお作法で、乱暴に投げ入れるものではありません。

(もっとも良いとされる方法は、白い紙につつんでの奉納です)

 

なお、お賽銭の金額には決まりはありません。

参拝する人の気持ちが大切で、たくさん入れたから良いというものでもないのだとか。

 

鈴を鳴らす

鈴は神殿にいらっしゃる神様に、「今から拝礼します」とお伝えするもの。

特に鳴らさなければならないものではありませんが、やるなら力強く一回だけ鳴らすのがお作法です。

 

拍手

拍手の仕方は、

  1. 両手のひらを胸の前で合わせる(このとき、あまり肘を張り過ぎないこと)
  2. 右手を少し下にずらす(右手の指先が、左手指の先と第一関節の真ん中あたりとなるくらい)
  3. 二回拍手をする
  4. 願い事が終わったら、ずらした指先を元に戻し、一礼する

の流れで行います。

 

ポイントは両手のひらを左手が前にでるように少しずらすこと。

これは左のほうが上位置であるためで、手水舎で左手から清めることや、参道の左側を歩くことにも通じています。

また、手のひらをずらして拍手するほうが「パン!パン!」と良い音がしますし、ね。

 

ちなみに、拍手をするのは、自分は手に何も持っておらず、何の下心もないことを示すために行うもので、神様を呼ぶためではありません。

 

 

正しい願い事のお伝えの仕方

神社の拝礼で、一番大事なポイントが「願い事のお伝えの仕方」です。

 

神社で願い事をするとき、

「お金持ちになれますように」

「好きな人と結ばれますように」

などと、自分が叶えて欲しい望みを一方的に伝えていませんか?

 

これ、実は神社の参拝のお作法としては、ダメ!なんですよね・・・。

どこの誰だか分からない人が突然やってきて、勝手な願い事をしたら、いくら神様でも聞き入れてはくれません。

 

そこで、拝礼で願い事をお伝えするときは、まず、自己紹介をします。

「私は、昭和○○年○月○日に○○市で生まれ、現在、○○市○○町で暮らしている○○(名前)と申します」

と、自分が何者かを心の中でお伝えします。

 

そして、実際の願い事も一方的にお願いするのではなく、

「自分には○○という願いがあって、ぜひとも実現したいと思っています。そのため、毎日、○○という努力をしていますし、これからも○○を行っていきます」

と自分の願いと行いをお伝えし、

「どうか神様、私の願いが叶いますよう見守ってください」

とお願いします。

 

このように、自分の「願い」を神様の力だけで実現してくださいというのではなく、「願いを叶えたいという強い思い」と「そのために自分が行っていくこと」を宣言し、神様には願いが叶うことを「見守ってもらう」ようにお願いすることが、拝礼での正しい願い事なんです。

 

初詣などで神社に参拝されるときは、かならず、このような願い事としてください。

【広告】


お尻を向けるのは神様に失礼

神様にお尻を向けるのはとても失礼な行為。

なので、参道を戻るときは、中央を歩かないのが参拝のお作法です。

 

おみくじ

おみくじは引いても引かなくても良いものですし、おみくじの結びどころや木の枝に結ばなくてはならないものではありません。

 

おみくじに書かれている内容は、これから気をつけるべき大切なことですので、自宅に持って帰って何度も読み返したいものですから、ね。

 

ただ、大凶のように良くない結果が出たら、その厄払いのために結ぶのもありなんですね。

なお、良くない結果のおみくじは、利き手と反対の手で結ぶと良いのだとか。

 

まとめ

神社の参拝の正しいお作法をご紹介しました。

正式には、もっとたくさんの参拝のお作法がありますし、神社によっては異なった参拝のお作法もあるようです。

でも、ここに書いたことを行うと大丈夫ですので、参拝の際の参考にしてくださいね。

 

金運アップにおすすめの神社はこちら

宝くじ当選にご利益あり!新宿区大久保の開運パワースポット「皆中稲荷神社(かいちゅういなりじんじゃ)」

宝くじ当選にご利益あり!新宿区大久保の開運パワースポット「皆中稲荷神社(かいちゅういなりじんじゃ)」

 

    

心を豊に!暮らしを楽しく!

幸運をよぶ風水で、毎日の生活を充実させていきませんか?!

 

-おススメ・お役立ち
-,

Copyright© 幸運をよぶ風水 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.