おススメ・お役立ち

厄年って何?いつが厄年?

投稿日:

 

厄年って何?

人は生きていると、さまざまな災難に出会ってしまいます。

健康のことであったり、家族のことや人間関係であったり、仕事のことであったり・・・、残念ながら、人生の大切なことで、災いって起きてしまうんですよね。

 

これらの災いはいつ何時、これらで災いが起きるかわからないものですが、その人の年齢によって起きやすいときがあるのです。

そのときを総称して「厄年」と呼んでいます。

 

厄年は平安時代の陰陽道からきたといわれており、陰陽師として歴史的に有名な安倍晴明によって広められた風習との伝聞があります。

が、その根拠は曖昧なんだとか。

それでも、平安時代から現代にいたるまで、日本でしっかりと根付いている風習です。

<広告>

 

厄年はいつ?

厄年は3年間あり、

  • 真ん中の年を本厄
  • 本厄の1つ前の年を前厄
  • 本厄の次の年を後厄

と呼びます。

 

この厄年、人生において男性は3回、女性は4回訪れるもので、一般的には、数え年で見ます。

なかでも、男性の42歳、女性の33歳の本厄は大厄と呼ばれていて、人生の中で最も大きな災厄が起きやすい年とされているんです。

 

厄年一覧(日本国内の一般例)
前厄 本厄 後厄

24歳 25歳 26歳
41歳 42歳 43歳
60歳 61歳 62歳

18歳 19歳 20歳
32歳 33歳 34歳
36歳 37歳 38歳
60歳 61歳 62歳

 

こうやって見ると、身体が大人になったあと(成長しきったあと)に訪れる、肉体的な変化の時期と合っているような感じですね。

 

特に女性は30代で2回も厄年を迎えます。

女性の30代は出産や子育てなどで、肉体的にも精神的にも負担が大きい時期。

だから、病気やけが、事故などの災いが起きやすくなっているのかもしれません。

ほんと、気をつけたいですよね。

 

icon-check-circle  金運アップに一番おすすめの風水グッズのレビュー記事はこちら!

ミニ風水絵画をトイレに飾ってから、たった10日で驚きの効果が!超高額の臨時収入をゲットしたお話を紹介しています!

おすすめ これが金運アップ風水の効果?!トイレにミニ風水絵画を置いたら思わぬ臨時収入が!

これが金運アップ風水の効果?!トイレにミニ風水絵画を置いたら思わぬ臨時収入が!

 

さて、厄年になったら、自分自身はもちろん家族や親族にも、病気やけがなんかの災いが起きないように、また、仕事や人間関係がおかしくならないようにしたいもの。

 

そのためには、神社で厄払いをしてもらったり、厄除けの御守を身につけたりすると良いでしょう。

 

「厄年なんて、ただの迷信」と思うかもしれません。

でも、年齢的には変化が大きく節目となる時期だけに、用心するに越したことはありませんので。

恋愛運・結婚運をアップしてくれる魔法の風水グッズセット

金運UP!パワーストーン3点セット

金運UPに強力なパワーを発揮するタイガーアイのお財布お守り猫、ルチルクォーツ付き宝くじ袋、ブルータイガーアイ・グレータイガーアイなどをあしらったタイニークラウンブレスレットの3点セット。

金運アップにぜひ、どうぞ!

▼ ▼ ▼

<あわせて読みたい!>

    

心を豊に!暮らしを楽しく!

幸運をよぶ風水で、毎日の生活を充実させていきませんか?!

 

-おススメ・お役立ち
-,

Copyright© 幸運をよぶ風水 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.