おススメ・お役立ち

厄年に行いたい厄払いは、いつ、どこでやると良い?

投稿日:

 

できれば避けて通りたい「厄年」。

ですが・・・、誰でもある年齢になると「厄年」はやってきます・・・。

 

「厄年」になったら、病気やけがなどの災いが起きないように、また、仕事や人間関係がおかしくならないように「厄払い」を行いたいもの。

 

でも「厄払い」は、いつやれば良いのか?どこでやれば良いのか?なかなか分かりませんよね。

そこで、こちらでは、厄年の厄払いについて、ご紹介します。

<広告>

厄年の厄払いはいつ行くと良い?

人生の中で、男性には3回、女性には4回訪れる厄年。

これらはどれも前厄、本厄、後厄と3年間続くものですが、厄払いへは、いつ行くと良いのでしょうか?

 

最も良いのは、前厄、本厄、後厄と3回、厄払いを行うこと。

やはり、それぞれの年にちゃんと厄払いをすると、それだけ災難を避けることができるのだとか。

なので、できれば厄年の間は、毎年、厄払いに行きたいところです。

 

でも、なかなか続けて厄払いに行くのもなぁ・・・って考える方も多いでしょう。

特に30代の女性は、2回も厄年がありますので、ちょっと大変だって思ってしまうかも。

 

そのような方は、本厄の歳に厄払いに行かれてはどうでしょうか?

いちばん災難が起きやすいとされているのが本厄ですので、このときにしっかりと厄払いを行うという人が多いだそうですよ。

 

厄払いに行くタイミング

では、本厄の年に厄払いに行くとして、タイミングはどの時期が良いのでしょうか?

「厄年になった年の厄を払い落とす」わけですから、できるだけ年のはじめに行くと良いということになります。

 

新年早々に厄払いをするのって何か変って思うかもしれませんが、初詣のときにやってもらうのは十分ありなんですよね。

でも、正月は何かと忙しいしちょっと抵抗があるなぁ、と言う方は、日を改めて厄払いをしていただきましょう。

 

icon-check-circle  金運アップに一番おすすめの風水グッズのレビュー記事はこちら!

ミニ風水絵画をトイレに飾ってから、たった10日で驚きの効果が!超高額の臨時収入をゲットしたお話を紹介しています!

おすすめ これが金運アップ風水の効果?!トイレにミニ風水絵画を置いたら思わぬ臨時収入が!

これが金運アップ風水の効果?!トイレにミニ風水絵画を置いたら思わぬ臨時収入が!

 

 

なお、神社やお寺、あるいは、住んでいる地域によって、1年を

  • 元日から大晦日まで(1月1日~12月31日)
  • 立春から節分まで(2月4日~来年の2月3日)

と違った考え方がなされています。

「年のはじめ」と言っても、お正月を指す場合と立春を指す場合の2通りがあるのですね。

 

なので、ご自身で厄払いをしていただこうと考えている神社やお寺があれば、事前にいつに行けばよいのかを聞いてみるのが一番良いですね。

 

「いつでも、いいですよ」の答えであれば、立春を過ぎたあたりの吉日が良いかもしれません。

 

ちなみに、厄払いに必要なお金ですが、個人でお願いする場合は、5000円が相場だそうです。

が、これも神社やお寺に聞くと、答えてもらえますよ。

恋愛運・結婚運をアップしてくれる魔法の風水グッズセット

金運UP!パワーストーン3点セット

金運UPに強力なパワーを発揮するタイガーアイのお財布お守り猫、ルチルクォーツ付き宝くじ袋、ブルータイガーアイ・グレータイガーアイなどをあしらったタイニークラウンブレスレットの3点セット。

金運アップにぜひ、どうぞ!

▼ ▼ ▼

<あわせて読みたい!>

    

心を豊に!暮らしを楽しく!

幸運をよぶ風水で、毎日の生活を充実させていきませんか?!

 

-おススメ・お役立ち
-,

Copyright© 幸運をよぶ風水 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.