インテリアの風水 玄関の風水

玄関の風水。開運を呼ぶために玄関で行うべきこと

2017/09/20

 

 

開運は玄関から

知り合いのお宅にお邪魔したとき、玄関を開けたときの印象って、大きくないですか?

隅々までしっかりと掃除されていて明るく清潔だと、

「あ、わたしのことを歓迎してくれてるんだ!」

と嬉しく、とても気持ち良くなりますよね。

 

でも、玄関を開けたとたん、たたきには靴が脱ぎちらかされている、薄汚れたおもちゃがほったらかしにされている、土やほこりがある・・・、そんな玄関だと、

「わたしって、あんまり歓迎されていないのかなぁ」

と感じます。

もちろん、そこに住んでいる人のことを、「ずぼらな人」だって思ってしまうものです。

 

玄関は、その家の「顔」。

家族が日々、出入りするところであり、訪れたお客様が一番最初に通る場所でもあります。

このように玄関は、生活においてとても大切な場所であるとともに、風水では「良い気」が入ってくる最も重要な場所でもあるのです。

 

「良い気」にたくさん入ってきてもらうために風水で最も大切なこと、それは、玄関をしっかりと掃除して、常にキレイにしておく、ことなのですね。

 

開運は、まず玄関から。

毎日、玄関の掃き掃除を行って、出来るだけ水洗いも行いたいもの。

こうやって、玄関をキレイにしておくことが、幸運をよぶ風水の基本中の基本なんです。

 

【広告】


 

玄関掃除のポイント

風水的に、玄関は毎日、掃き掃除をすることがポイントです。

たたきに置かれている靴は、一度、全部取り除いて、隅から隅までしっかりと掃いてあげましょうね。

そのときは。玄関の扉を開けっ放しにし、天然の塩を一つまみ、外側と内側に撒いてから、掃くと良いですよ。

こうすると、悪い「気」を一緒に掃き清めることができますので。

 

また、玄関の水洗いも、できるだけ数多くやるといいですよ。

洗い終わった後は、自然に乾くのを待つのではなく、きれいな雑巾で水分をふき取ってあげましょう。

 

マンションなど、なかなか玄関の水洗いができないお家では、水ぶきを行いましょう。

100均で売っているもので十分なので、白い真新しい雑巾で玄関を水ぶきしてあげると、水洗いに近い効果が得られますよ。

 

そして、玄関の扉や外灯、表札、ポストの拭き掃除も忘れずに!

 

玄関は明るく

風水では、玄関を明るくしておくと「良い気」が入ってくると言われています。

日中は、扉を開けて日差しを取り込むようにしましょう。

 

それと、玄関の電気も明るめにしておき、日が落ちる前から点灯することと、できれば一晩中、つけっぱなしにしておきたいものです。

夜、暗くなってから帰宅したときに、お家の玄関に明かりが灯っているとホッとするもの。

やっぱり玄関は、いつも明るいほうがいいですよね。

 

もちろん電球は、切れたまま放置することのないように!

 

必ず玄関マットを準備しよう

玄関の風水で3つ目に大切なこと。それは、玄関マットを準備することです。

玄関は、良い気が入ってくるとともに、外から持ち帰った悪い気が一番初めに入ってくる場所でもあります。

この悪い気を追い払うためにも、玄関マットは必ず敷くようにしましょう。

 

観葉植物と盛り塩も重要アイテム

風水では、生命力あふれる観葉植物は、悪い気を吸い込んで、空気をキレイにしてくれると言われています。

玄関マットと同じく、観葉植物を玄関に置くと悪い気を追い払ってくれます。

 

玄関に置く観葉植物は、丸みを帯びたものが良いですよ。

それと、玄関に盛り塩を置くのも、とても効果がありますよ。

 

玄関を良い香りでいっぱいにしよう

汗や外の汚れを吸い込んだ靴、雨に濡れた傘など、玄関には、どうしても「においの元」となるものを置かざるを得ません。

放置していると、とてもイヤなにおいが溜まって行きます。

そこで、準備したいのが消臭剤と芳香剤
イヤなにおいを抑えて、良い香りいっぱいにすると、良い気もたくさん入ってくることでしょう。

お気に入りの芳香剤を買ったら、中味を陶器などに移して使うと、高級感を演出できますよ。

時には気分を変えて、アロマやお香を焚いても良いですよね。

 

玄関に八角形の鏡を置こう

風水では、玄関に入って右側に鏡を置くと「人気運」や「仕事運」が、左側に置くと「金運」がそれぞれアップすると言われています。

お出かけ前にちょっとした身支度チェックもできて実用的ですので、ぜひ、玄関に鏡を置くようにしましょう。

 

おすすめの八角形の鏡はこちら


コンパクトサイズで、玄関の下駄箱の上に置くのにちょうど、良いです。

もちろん、出かける前に身だしなみチェックするのに重宝しています。



なお、玄関に入った正面に鏡を置いていると、外からやってきた良い「気」をはね返してしまうのでNGです。

 

玄関の靴は揃える

「脚下照顧」という言葉をご存知でしょうか?

もともとは仏教の教えで、

「自分の足元をしっかりと見なさい」

という意味ですが、それが転じて

「靴を揃えましょう」

との意味でも用いられています。

 

心の乱れは足元の乱れに表れます。逆に、足元をしっかりと整えると、心も落ち着いてくるもの。靴を脱いだら、揃えることが大切なんですね。

それと、風水では、玄関のたたきに出していても良いのは、人数分だけと言われています。

ついつい靴を脱ぎっぱなしにしがちですが、整理整頓も含めて、余分な靴は、下駄箱に片付けて置くようにしましょうね。

【スポンサーリンク】


 

傘はきちんと収納しよう

使った傘を濡れたまま玄関に置きっぱなしにしていませんか?

濡れた傘に水分が付きっぱなしだと、これが悪い「気」が吸収して、良い「気」がお家の中に入ってくる邪魔をします。

そして、カビの原因ともなり不衛生ですから、ね。

 

使い終わった傘は、きれいに拭いてから収納しましょう。

晴れた日には、傘を干してあげることも大切ですね。

 

おわりに

家の顔、そして、良い気をお家の中に迎え入れる「玄関」。

風水で、もっとも重要な場所とされる玄関をいつもキレイにして、

たくさんの幸運を招きいれてくださいね。

 

<よろしければ、こちらもどうぞ!>

風水インテリアにピッタリの写真や絵をみつけよう!
▼ ▼ ▼
絵画・壁飾り 風景専門店あゆわら

 



玄関用ミニ風水鏡

-インテリアの風水, 玄関の風水