インテリアの風水

傘立てって結構ヤバイ?風水で最適な傘立てをチェックしてみよう

投稿日:

 

お家で使う傘立ては、一度買ったら、ずっとそのまま置きっぱなしで、デザインとか玄関での置き場とか、あまり気にしていないって方は多いことでしょう。

一人暮らしの方だと、家に傘立てを持っていないという人もいらっしゃるかもしれませんね。

日常の生活の中では、傘立てはそんなに意識するものではありません。

だけど、風水では、この傘立て選びが結構大切なんですよ。

 

傘は「陰」の気を発しやすい

そもそも、傘は「陰」の気を発しやすいものです。

雨の日の濡れた傘には、外で集めてきた水分という「陰」の気がたくさんくっついています。

その「陰」の気を玄関に持ち込んでしまうということは・・・、風水的にはよろしくないですよね。

 

陰の気を家の中まで持ち込まないためには、できれば帰宅したときに、乾いたタオルで傘の水分を拭き取って片付けたいもの。

ですが、正直、毎度毎度、そんな手間はかけてられないですよね。

そこで、「傘立て」が重要となってくるのです!

 

傘立ては玄関の外に置きましょう

風水では、傘立ては玄関の外に置くことが基本です。

傘立てを玄関の外に置き、雨で濡れた傘を傘立てにいれることで、傘にくっついてきた「陰」の気を家の中に持ち込まずに済ませられるからなんです。

 

ただ・・・、マンションにお住まいだと、玄関の外に傘立てを置けない方もいらっしゃるでしょう。

その場合は、玄関の内側のたたきに傘立てを置くしかありませんので、家に入る前にできるだけ、傘についた雨のしずくを払い落とすようにしてくださいね。

そして、少し手間ですが、雨があがったら、ベランダで傘を開いて乾かしてあげましょう。

その際、(これも手間ですけど)傘立ての内側を拭いてあげて、傘と一緒に乾かしてあげるといいですよ。

 

風水を活用して玄関の方角によって傘立てを選ぶ

もうひとつ、傘立てで大切なことは玄関の方角との相性です。

風水では、方角にはそれぞれの「気」があると考えられています。

そして、玄関は家の顔であり、外からの「気」を取り込む家の中でもっとも大切な場所でもあります。

 

玄関の方角の「気」と相性の良い傘立てを選ぶと、外から良い気をどんどんと取り入れることができるのです。

逆に、玄関の方角と相性の悪い傘立てを選んでしまうと・・・。

風水をもとに、方角と素材の相性をチェックしてみましょう。

 

風水では、「水」の気が強い方角と言われています。

傘立ては、「水」の気をできるだけ弱める物を選びましょう。

色は良質な「水」を生み出す白。

デザインは安定感のある四角形とし、素材は水の気を弱める「土」でできた陶器製がよいですね。

 

北東

いわゆる「鬼門」にあたる方角であり、風水的に一番悪い「気」を呼び込みやすい玄関の方角です。

ご自宅の玄関が「鬼門」にある場合は、普段からしっかりと掃除をして、きれいにしておくことが大切。

いつも風通しを良くして「気」の流れを確保しておきましょう。

 

さて、北東は「土」の気が強く、変化をもたらす方角と言われています。

傘立ては、「土」と相性の良い「金」をイメージした白、シルバー、ゴールドの色のものとします。

デザインは「気」の流れが良くなるよう丸いもの、素材はもちろん、ステンレスなどの金属系のものを選びましょう。

 

こちら↓の傘立ては、色・形とともに、通気性もバッチリですので、北東の玄関におすすめです。

値段もお手頃ですよ!

 

東は、「木」の気が強く、成長運・発展運を高めてくれる方角であり、風水から見て玄関として最も良い方角です。

ここに置く傘立ては、「木」の気を強めるグリーン系の色で、木製か陶器などの「木」と相性の良い「土」を素材としたものが良いでしょう。

デザインは、成長をイメージできるよう背の高いものを選びましょう。

 

南東

南東は東と同じ「木」の気が強い方角です。

傘立ての色はグリーン系にプラス、南の要素も含む赤やオレンジ系が良いでしょう。

素材は木製か土製、デザインは背が高いものを。

 

南東の玄関に良い傘立てを調べてみたら、なかなかマッチしたものを見つかられませんでした。

でも、やっと見つけたのが、こちら↓の傘立て。

形は良く、高さもまあまあ、陶器なので素材は「土」でOK!そして、白がメインでグリーンと赤という色使いで、私が見たものの中では、こちらの傘たてが南東方向の玄関にはベストでした。

 

南は、熱い「火」の気が強い方角です。

玄関が南にあるお家では、傘立ては「火」の気を程よくキープすることが大切です。

これによって、悪い「気」を含んだ傘の「水」を治めましょう。

 

ただし、あまり「火」の気が強すぎるのも良くないので、バランスが大切です。

傘立ての色は、「火」と相性の良い「木」や「土」の色である茶色や黄色がおすすめ。

デザインは背が高いもの、素材は「土」の気である陶器が良いでしょう。

 

南西

南西は、風水では「裏鬼門」と呼ばれる方角。

「鬼門」と同じく悪い気を呼び込みやすいので、こちらも気の流れを良くするようにしたいものです。

南西は、豊穣な大地としての「土」の気が強いため、「金」の色である白、シルバー、ゴールドをチョイス。

デザインは丸いもので、素材はステンレスなどの金属を選びましょう。

 

西

風水では、西は「金」の気が強い方角です

ここは、「金」の要素を取り入れて、幸運を呼び込むようにしたいですね。

おすすめの傘立ては、色は白、シルバー、ゴールド、素材は「金」を生む「土」の陶器製。

デザインは、中に入れる傘が窮屈にならないよう、横広で大きめのものが良いですよ!

 

北西

北西も、「金」の気が強い方角です。

基本的には、西と同じ傘立てで大丈夫ですが、「金運」をより一層高めるためには、高級感があるものを選ぶと良いでしょう。

 

おわりに

普段、あまりこだわることのない傘立てですが、風水的にはとっても大切なもの。

まずは、陰の気を持つ雨露を家の中に持ち込まないように、そして、傘に残ってしまっている水分も傘立てでシャットアウトしておくこと。

そして、風水に適った傘立てを用いることで、玄関の風水パワーをアップし、家の運気をあげるようにしたいもの。

 

これを機会に、あなたのお家の傘立てを見直してみてはいかがでしょうか?

 

心を豊に!暮らしを楽しく!

幸運をよぶ風水で、毎日の生活を充実させていきましょう!

金運アップ風水絵画「金運の泉」

すぐに売切れてしまう超大人気グッズ!注文はお早めに!

<トイレ用ミニ風水絵画「金運の泉」関連記事>

    

玄関に置くだけで幸運を招いてくれる風水鏡

 
<玄関用ミニ風水の関連記事>

 

絶対おすすめのトイレ用風水絵画「金運の泉」と八面鏡「玄関用ミニ風水鏡」。

トイレや玄関に置くだけで金運アップが期待できます!

これを機会に、セットでお求めになってはいかがでしょうか?

-インテリアの風水
-,

Copyright© 幸運をよぶ風水 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.