風水パワーで恋愛運を強力にアップしてくれる観葉植物ベスト5!【アンスリウム・ジャスミン・グリーンネックレス・ぺぺロミア・ポトス】

スポンサーリンク

 

風水で運気アップにパワーを発揮してくれる観葉植物。

その中でも、恋愛運を強力にアップしてくれる観葉植物があります。

それは、

「アンスリウム」、「ジャスミン」、「グリーンネックレス」、「ぺぺロミア」、そして、「ポトス」

の5つ。

 

今回は、風水で恋愛運をアップしてくれる5つの観葉植物の特徴をご紹介します。

 

アンスリウムの風水パワー

 

花言葉 : 「煩悩」、「恋にもだえる心」

ハート型の葉に独特の形の花が咲く「アンスリウム」。

風水的に恋愛運アップにとても効果がある観葉植物で、東側に飾ると結婚運がアップ、西側に飾ると恋愛運がアップすると言われています。

 

「アンスリウム」の花言葉は、「煩悩」、「恋にもだえる心」とまさに恋愛に関係したものですが・・・、実は花の色によって、別の花言葉も持っています。

白色 : 熱心
ピンク色 : 飾らない美しさ
赤色 : 情熱

この花言葉から、お家で飾るのならピンクや赤が良いですね。

アンスリウムは直射日光に弱いので、明るい日陰に飾っておきましょう。

 

 

ジャスミンは玄関に

 

花言葉 : 「愛らしさ」、「優美」、「官能的」

春になると白い花を咲かせ、その甘い香りは遠くにいても届いてくる「ジャスミン」。

風水では、東、東南、南西の方角に置くと、恋愛運をアップの効果を発揮するといわれています。

玄関がこれらの方角にあるなら、是非、置いておきたい観葉植物ですね。

 

「ジャスミン」は、強い日差しを好みますので、日当たりの良い場所に飾ってください。

また、ジャスミンティーも風水的に、恋愛運アップに効果があるといわれています。あわせて、楽しんでみてはいかがでしょうか?

 

 

 

風水で良縁を招くグリーンネックレス

 

花言葉 : 「健やかな生長」、「青春の思い出」、「豊富」

丸くてコロコロした葉が愛らしい観葉植物、「グリーンネックレス」。
この丸いかたちは、風水では良縁を招くとされており、恋愛運アップにとても効果があります。

「グリーンネックレス」も日当たりの良いところが大好きですので、部屋の南側におくと、効果が高まりますので、南側の窓辺に飾るとよいでしょう。

「グリーンネックレス」は、乾燥に強いのですが、水をやりすぎると根が傷みやすいので、気をつけてくださいね。

 

 

ペペロミアは水場で効果

花言葉 : 「艶やか」、「片思い」、「可愛らしさ」

肉厚の葉に白いラインが入っていている観葉植物、「ぺぺロミア」。

寒い季節にも強く、とても育てやすいのとともに、小型の植物なので人気のテーブルの上など、ちょっとしたスペースで飾りやすいのが人気の観葉植物です。

 

「ぺぺロミア」の花言葉にある「片思い」は、ちょっといただけませんが(笑)、「艶やか」や「可愛らしさ」は、恋愛を象徴していますね。

「ぺぺロミア」には、乱れた「気」を落ち着かせるパワーがあります。

風水的にどうしても悪い「気」が溜まりやすい、トイレやお風呂場、そして、キッチンなど水場に飾ると効果的ですよ。

 

ぺぺロミア :グラベラ3.5号ポット2株セット
ノーブランド品

 

ポトスは南西の方角に

 

花言葉 : 永遠の富、華やかな明るさ

ハート型の葉が、まさに恋愛運をアップしてくれる「ポトス」。

独特の白の模様がある葉は、上にあるほど大きなサイズになるという特徴があり、この垂れ下がった葉が風水的には恋愛運を向上させてくれるのです。

「ポトス」は、南西に飾ると良いでしょう。

少々暗い日陰でも大丈夫ですが、寒さに弱い観葉植物ですので、10度以上となる室内で育ててあげましょう。

 

ちなみにわが家ではポトスは大活躍中です。

少し伸びたら、枝を切って水差しに入れておくと、すぐに根が出て元気に育ち始めます。

こうやって増やしたポトスを家中のいろいろなところに置いています!

 

 

観葉植物で恋愛運をアップしよう

風水で恋愛運を強力にアップしてくれる観葉植物として、「アンスリウム」、「ジャスミン」、「グリーンネックレス」、「ぺぺロミア」、「ポトス」をご紹介しました。

 

どの観葉植物もおすすめですが、恋愛運アップ以外にも効果がある「ぺぺロミア」と「ポトス」は、手入れも簡単なので、はじめて観葉植物を飾るという方は、この2つを選ぶのも良いでしょう。

 

もちろん、気に入ったものがあれば、それがベスト!

ぜひ、おうちで飾ってみてくださいね。

 

★観葉植物をもっとごらんになりたい方は、こちらをクリック

風水でおすすめの観葉植物

 

恋愛運アップの風水のまとめはこちら!

 

<よろしければ、こちらもどうぞ>

 

タイトルとURLをコピーしました