風水開運暦

【 風水開運暦 】縁起の良い吉日「一粒万倍日」でやると良いこととやってはいけないこと

投稿日:

 

一粒万倍日ってご存知でしょうか?

一粒万倍日は暦のとても縁起のよい吉日で、一粒万倍日と書いて「いちりゅうまんばいび」と読みます。

(「いちりゅうまんばいにち」と読むこともあります。また、ただ単に「万倍(まんばい)」と呼ぶことも)

 

文字通りたった一粒の籾(もみ)が万倍にも実る稲穂になる日のことで、物事が大きく広がったり育ったりする吉日なんですね。

 

そんな吉日である一粒万倍日、せっかくだから有効活用したいもの。

ですが、何をやると良いのか?やってはいけないことってどんなことなのか?なかなか分からないですよね。

 

そこでこちらでは、「一粒万倍日」でやると良いこととやってはいけないことを具体的にご紹介します。

 

縁起の良い吉日、一粒万倍日を上手に活用して、開運のきっかけにしていきましょう!

 



一粒万倍日でやると良いこと

一粒万倍日は、どんなことでもこの日にスタートすると、大きく成長していく吉日とされています。

具体的には、

  • 新しい財布を使い始める
  • 宝くじを購入する
  • 銀行の口座を開設する
  • 仕事や勉強を始める
  • 開店・開業など事業をスタートする
  • 結婚する
  • 引っ越しする

など。

 

これら以外にも、例えば、

  • 趣味・習い事
  • 健康つくり
  • ダイエット

などのスタート日とするのも吉。

一粒万倍日にスタートしたことは、将来、きっと大きな実を結ぶことになりますよ!

 

中でも、おすすめしたいのが「あたらしい財布を使い始める」こと。

金運アップ財布にする風水はいくつかありますが、財布は使い始めがとっても大切。

お金に関わる財布のスタート日を「一粒万倍日」にするのは、風水的にベストなんです。

 

 

一粒万倍日でやってはいけないこと

小さなことからスタートしても、それがやがて何万倍にも成長する一粒万倍日ですが、やってはいけないことがいくつかあります。

そのなかでも特に注意したいのは

「お金を借りない・貸さない」

ということなんです。

 

お金を借りない・貸さない

一粒万倍日にスタートしたことは、やがて、何万倍にもなります。

ということは、この日にお金を借りたり、物を借りたりすると、苦労が万倍になって返ってくるので、凶とされるのです。

どうしても、お金を借りる必要がある人は、一粒万倍日は避けるように気をつけましょう。

 

一方、お金を貸してあげると、そのお金は何倍にもなって返ってくることになりますので、お金を貸すのは吉となりますが・・・、お金を借りる相手のことを考えると良くないですよね。

なので、お金を貸してあげるのも、一粒万倍日は避けましょう。

 

icon-check-circle  金運アップに一番おすすめの風水グッズのレビュー記事はこちら!

ミニ風水絵画をトイレに飾ってから、たった10日で驚きの効果が!超高額の臨時収入をゲットしたお話を紹介しています!

おすすめ これが金運アップ風水の効果?!トイレにミニ風水絵画を置いたら思わぬ臨時収入が!

これが金運アップ風水の効果?!トイレにミニ風水絵画を置いたら思わぬ臨時収入が!

 

その他のやってはいけないこと

一粒万倍日で絶対にやってはいけないのは「お金の貸し借り」ですが、これ以外にもやってはいけないことがあります。

 

それらは、基本的にはネガティブなこと。

具体的にご紹介すると、

  • 入院(入院が長引いたり病気が重くなるかも)
  • 離婚・別れ(尾を引いたり後で大問題になるかも)
  • 無駄使い(浪費癖がついてしまうかも)
  • 葬式(他に広がったら困る最たるもの)

などがあげられます。

 

一粒万倍日はこの日に「スタート」したことが、将来、大きくなって返って来るという日。

良いことはもちろんですが、ネガティブなことも拡大して返って来る可能性がありますので、注意してくださいね。

 

一粒万倍日と他の吉日・凶日

一粒万倍日と吉日

一粒万倍日は吉日でありながら、とても数が多いのです。

少ない月でも4日、多い月だと7回もありますので、「天赦日(てんしゃにち)」や「寅の日」「巳の日」、「大安」といった他の吉日と重なる場合けっこうあります。

 

吉日と重なると一粒万倍日の効果が倍増するといわれており、さらに、その吉日が多いほど良しとされています。

ですから、何かをスタートするのであれば、ただの一粒万倍日でもOKですが、他の吉日と重なった日、特に暦で最高の吉日である「天赦日」を選ぶとより良いですよ。

 

一粒万倍日と凶日

吉日と重なった一粒万倍日は、その効果が倍増するとも言われていますが、逆に凶日と重なると半減、あるいは、効果がゼロになってしまいます。

 

特に良くないのが「不成就日」

この日は何をやってもうまくいかない最悪の日といわれていて、せっかくの「一粒万倍日」も「不成就日」に重なると、効果はゼロどころか、悪いことを引き起こすことにもなりかねません。

この「不成就日」って、毎月4日とけっこうたくさんあるので、「一粒万倍日」と重なることが多いのですよね・・・。

何かを始めるときは、まずは「不成就日」を避けることから考えたほうが良いでしょうね。

 

また、凶日には有名な「仏滅」にあわせて、「受死日(何をやるにも最悪の日)」、「十死日(受死日につぐ悪い日)」もあります。

これらの日も気をつけておきたいですね。

 

 

一粒万倍がデザインされた「一粒万倍財布」

たった一粒の籾(もみ)が万倍にも実る「一粒万倍日」。

財布を新しく買い換えるなら、この日を選びたいもの。

そして、「一粒万倍日」にちなんだ財布はないか探してみたら、そのものズバリの財布がありました。

金運万倍財布

この「一粒万倍財布」は、ご覧のとおり一粒万倍がそのままにデザインされたもの。

さらに、宝くじ当せんのご利益で有名な宝来宝来神社でご祈祷を受けています。

「一粒万倍財布」を購入されるのなら、「一粒万倍日」に注文して、届いた財布は、箱から出して家の北側の暗いところに置いておき、次の「一粒万倍日」に使い始めると良いでしょう。

そうすると、はじめに財布に入れたお金が少しであっても、やがて、万倍になる日が訪れるかもしれませんね!

 

 

<関連記事>





    

心を豊に!暮らしを楽しく!

幸運をよぶ風水で、毎日の生活を充実させていきませんか?!

 

-風水開運暦
-, ,

Copyright© 幸運をよぶ風水 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.