インテリアの風水

クローゼットの整理整頓は「右から並べること」がポイント

2017/06/29

 

クローゼット、外から内側が見えないので、どうしても中をゴチャゴチャにしていまいがち。

でも、風水の基本は、整理整頓、キレイにすること。

いくら見えないからと言って、整理せずにいると、良い「気」がやって来なくなりますよ。

クローゼットの整理整頓は、ポイントさえつかめば、簡単にできるので、ぜひ、トライしてください!

【広告】


 

クローゼットの衣服の掛け方

クローゼットの中での衣服の掛け方は、並べて掛けることが基本です。

クローゼットの扉を開けて、右側に春・夏用の衣類を、左側には秋・冬用の衣類を掛けるようにしましょう。

さらに、向かって右から着丈の短いもの、そして、明るい色の衣類を順番に並べるようにすると良いですよ。

この並びに変えるだけで、驚くくらいクローゼットの内部はスッキリします。

入れ替えは、10分もあれば十分できます。今、すぐにでもやってみませんか。

 

布や麻の収納ボックスを使おう

クローゼットの中で整理するのに、収納ボックスは重宝しますよね。

市販のものでは、プラスティック製が主流となりますが、できるだけ布や麻の収納ボックスを使うようにしたいものです。

 

風水では、プラスチック系のものは、「火」の気が強いと考えられており、衣服は「水」の気が強いと言われています。

「火」と「水」の相性は良くないですよね。

プラスティック製の収納ボックスを使うと、衣服の良い気を火の気が消してしまいかねないのです。

 

また、ビニールも火の気が強いのでNGです。

クリーニングに出した衣類は、ビニールの袋に入れられて戻ってきますが、クローゼットに収納するときは、これらを取り外すことも大切ですよ。

 

【スポンサーリンク】


 

着た服をそのままクローゼットに戻さない

一度着た服を、まだ着られるからといって、そのままクローゼットに戻すことがあると思いますが、これは風水的には、NGです。

一度着た服には、外のほこりや自分の汗などがくっ付いていて、それらには「悪い気」が溜まっているもの。

なので、そのままクローゼットに戻すと、中に収納しているキレイな服にまで、「悪い気」が伝染してしまいます。

一度着た服は、必ず、洗濯してからクローゼットに片付けましょう。

 

ただ、とは言ってもコートなど、そう簡単にクリーニングに出せない服もありますよね。

このような服は、ブラシなどでホコリを落とし、消臭スプレーなどをかけたあと、室内で陰干しをします。

こうすることで、完全ではありませんが、コートにくっ付いた汚れは落とせます。

 

クローゼットで服と靴を一緒に収納するのはタブー

靴やブーツには、外からの悪い気がついています。

ですから、靴と衣類を同じクローゼットに収納すると、靴に付いている外から持ち帰った悪い気が、衣服に移ってしまいます。

 

この悪い気がついた服を着ると・・・、今度は自分に悪い気が移ってしまいます。これはよくありませんよね。

靴は靴箱に入れ、くれぐれもクローゼットに収納しないようご注意を。

 

<よろしければ、こちらもどうぞ!>

風水インテリアにピッタリの写真や絵をみつけよう!
▼ ▼ ▼
絵画・壁飾り 風景専門店あゆわら

 



玄関用ミニ風水鏡

-インテリアの風水