人間関係 行動の風水

イヤな関係を今すぐ断ち切りたいときにおススメの縁切りの風水

2017/01/14

 

もう分かれた相手のはずなのに、なぜか、ずるずると関係が続いている。

求められるまま身体の関係を結んでしまう。

恋人同士でもないのに、どうしても心が相手から離れられずにいる。

もし、あなたがこんな日々を過ごしているのなら、とてもつらい毎日でしょうね。
良くないことと分かっているのに、自分ではどうしようもできない。
本当につらいことだと思います。

このようなつらい毎日を過ごしているあなた、一度、縁切りの風水を試してみてはいかがでしょうか?

「捨てる」勇気を強く持つこと

いつまでも過去の思い出だけに引きずられていると、いつまでたっても次の一歩が踏み出せません。

これは恋愛でも同じことです。

すでに過去の人になってしまった相手に、いつまでも気持ちを置き続けていると、新しい出会いはやってきません。

気持ちを新たにするためには、これまでの「思い出」は思い切って捨てることです。

そのためには、元恋人とつながりがあるものを、きれいさっぱり捨て去ってください。

 

元恋人の写真、もらったメールやプレゼント、元恋人が使っていたコップや歯ブラシ、一緒に出かけたときに買ったもの、・・・。

ありとあらゆるものを捨て去り、何ひとつ残さないようにしましょう。

もちろん、電話番号やメールアドレスも消去し、着信拒否にするのです。

 

そして、あなたのものであっても、元恋人が使っていたものや一緒だった思い出がたくさん残っているものも捨ててしまいましょう。

洋服、アクセサリー、化粧品、あるいは、クッションや枕なんかも。

 

この捨て去るということは、何も風水に限ったことではありません。

元恋人を思い出すきっかけを捨て去り、新しいものを入れ込むスペースを作るのです。

つまり、新しい未来に向けて、振り返っても意味のない過去を捨てきる、その勇気を持つことが大切なのですよね。

 

縁切りの風水

恋愛感情とは、まさに気持ちの問題。

いつまで経っても、気持ちの整理ができないときは、自分の内側からだけでなく、外側から入ってくる「悪い気」があると考えられます。

 

玄関に外側に向けて鏡をおく

風水では、鏡はとても強力なパワーを持つアイテムとして知られています。

鏡にははね返す力があり、中でも凸面鏡は殺気を反射するという考え方があります。

鏡を玄関から外側に向けておくだけで、「悪い気」が入り込まないようになるのです。

 

玄関の外にサボテンを置く

観葉植物は「気」を落ち着かせるラッキーアイテムですが、サボテンには、そのトゲがある形から、邪を追い払う力があると考えられています。

このサボテンを、玄関の外に置くことで、「悪い気」が家の中に入らないようにするのです。

なお、間違っても、家の中にサボテンを置かないように気をつけてください。逆効果になってしまいますので。

【スポンサーリンク】


 

盛り塩をする

盛り塩は強力な「お清め」の力があり、風水では「邪気除け」の意味もあるのです。

玄関扉の両端やトイレに盛り塩をすることで、「悪い気」をおさめてくれるのです。
<よろしければ、こちらもどうぞ!>

【スポンサーリンク】

-人間関係, 行動の風水