【 風水開運暦 】7月(文月)のおすすめする過ごし方は「活発に行動する」こと

スポンサーリンク

 7月(文月)の過ごし方で風水でおすすめのことって何?

 7月に風水で気をつけることってどんなこと?

 

7月はジメジメとした梅雨が開けて、本格的な夏を迎える月。

風水的には7月は積極的に行動し、「能力」や「才能」を高めるのに良い時期とされています。

「スポーツ」や「アウトドア」、そして「オシャレ」を目いっぱい楽しみたいもの。

 

こちらでは【 開運風水暦 】として、7月の過ごし方で風水でおすすめすることと気をつけたいことをご紹介します。

 

7月におすすめする風水

 

7月の過ごし方で運気アップにおすすめの風水は

活発に行動する

こと。

 

7月はとにかく積極的に行動することで、あなたの「能力」や「才能」を高めることができ、風水的にも運気アップにもつながります。

まずは、「スポーツ」や「アウトドア」など、身体を動かすことを楽しみましょう。

「読書」や「映画鑑賞」をしたり、それに「美術館」や「博物館」へ足を運んで、あなたの内面を磨き上げるのにも、良い時期です。

 

 

そして、風水で何よりおすすめしたいのが「オシャレ」を楽しむこと。

夏らしい服装をして、メイクもばっちり決めると、恋愛運人間関係運がさらにアップしていきます!

 

風水でおすすめの7月の過ごし方は、とにかく、

積極的に行動すること

オシャレを楽しむこと

の2つなんですよ!

 

風水で7月に気をつけたいこと

 

 

7月に気を付けたいことは、やっぱり「体調管理」になります。

7月に活発に行動することは風水的に良しとされていますが、ついつい度が過ぎて「夏バテ」になる、なんてことも・・・。

そうならないためにも、おいしい食事をしっかりと楽しみ、休む時は休んで、体調管理はしっかりと行いたいですね。

 

それと、言うまでもないんですけど、「熱中症」と「日焼け」対策も忘れずに!

 

7月の風水暦

7月「文月」の意味

7月の「文月(ふづき、ふみづき)」の意味は、「文被月(ふみひろげづき、ふみひらきづき)」が短くなって、「文月」になったという説があります。

「文被月」とは、短冊に歌や願い事などを書く、七夕の行事にちなんだ呼び方なんだとか。

 

7月の開運暦

7月の開運暦で知っておきたい日はこちら!

七夕(7月7日)

親子の日(7月第四日曜日)

 

7月の開運風水暦を実行しよう

以上、【 風水開運暦 】として、7月の過ごし方でおすすめすることと気をつけたいことをご紹介しました。

積極的に行動することで運気アップが期待できる7月。

体調管理に気を付けながら、目いっぱい楽しみたいですね!

   6月のおすすめ風水  |  8月のおすすめ風水  icon-forward 

タイトルとURLをコピーしました