<広告>

行動の風水

風水で金運を上げる生きたお金の使い方と金運を下げるダメなお金の使い方

投稿日:

 

お金って、本当に大事ですよね。

お金は毎日の生活を支えてくれるもの。

お金によって自分の夢を叶えられることもあるし、何より日々の気持ちが豊かになります。

一方、お金がないと生活は荒れ、気持ちに余裕がなくなります。

本当に豊かな人生を送るのに、お金は無くてはならないものです。

でも、もし、お金を持つこと、貯めることに捉われていたら・・・。

 

こちらでは、風水で金運を上げる「生きたお金」の使い方と、ダメなお金の使い方をご紹介します。

【広告】


お金は使うためにある

言うまでもなく、お金は使うためにあるもの。

お金は仲の良い友だち同士のようなもの。お互いにいつも手をつないでいます。

お金を使うことによって回してあげると、手をつないだ次のお金が入ってきて、さらには、たくさんの友だちを連れて来てくれます。

 

でも、もし、お金を使うことなく貯める一方だったら・・・。

風水では、古いものには悪い「気」が溜まると考えられていますが、お金にも同じことが言えます。

これといった使う目的も無く、ただ貯めこんだだけのお金は、どうしても澱んでしまい、やがて、悪い気がつくもの。

悪い気がついたお金には、友だちのお金も寄り付きません。

意味無くただ貯めこんだお金は、いつかは出て行き、その後、戻ってこなくなるものなのです。

 

風水に見る生きたお金の使い方

欲しいものを買う

欲しいモノがあるのに、それを我慢して貯金するのは、よろしくありません。

我慢には無理があり、それは、ストレスにつながります。

本当に欲しいモノであれば、そして、それを買えるだけのお金があるのなら、思い切って買いませんか?

 

お金は幸せを手に入れるための道具。

自分が欲しいものを手に入れることは、幸せを手に入れることなんです。

このように、自分が幸せになるお金の使い方が、「生きたお金」の使い方なんですよね。

 

 

人の幸せのために使う

あなたにとって大切な人やあなたが大好きな人のためにも、お金を使いましょう。

あなたがお金を使うことで、人が幸せになれば、あなた自身も嬉しいもの。

そして、あなたが知らない人であっても、あなたのお金で幸せになれる人もいます。

無理のない範囲で、たまに寄付をするのも良いでしょう。

 

例えば、「ふるさと納税」。

名前は「納税」となっていますが、実際は寄付。そして、納税先を別の市町村にすることなので、お金を使ったことになりません(自分のお金は減らない)が・・・。

「ふるさと納税」(寄付)をもらった自治体は、そのお金を地元の福祉や振興に役立てています。

つまり、あなたの知らない誰かが、あなたのおかげで幸せになっているのですね。


人の幸せがそのまま自分の幸せになる、これも「生きたお金」の使い方です。

 

目的のあるお金は、目的のために使う

何かの目的があって、がんばって貯めたお金は、そのために使いましょう。

少しお金が貯まると、「ちょっとくらいなら、いいか」と目的以外のことにお金を使いたい誘惑に心が引っ張られることってあると思います。

でも、そこで使ってしまうと、もともとの目的から遠ざかってしまいますし、せっかく集まってくれたお金が悲しみます。

目的があって貯めたお金は、その目的のために使うようにしたいですね。

 

運が良い人のマネをしてみる

運が良い人は、日ごろから開運につながるもの行動をしているもの。そして、運が良くなるものを使ったりしています。

このように運が良い人のマネをすると、自分の運も自然と良くなっていきまし、それはお金の使い方にもあてはまるのです。

お金の使い方に迷ったら、近くにいる運が良い人のお金の使い方や、持っているものを購入するといいですよ。

 

金運を下げるダメなお金の使い方

意味無くお金を使う

お金を一方的に貯めこむのは良くないのと同じく、風水では、お金を使うことが目的になるのも良くないとされています。

 

必要がないものを買ったり、別に欲しくないものをついつい買ってしまう人がいます。

お金を使わずにはいられない浪費癖の人のことですが、このような人は、お金を使うことが目的になっているのです。

意味無く使われるだけだと、お金は悲しみます。そして、手元に戻ってこなくなるものです。

 

貯金にこだわりすぎる

お金は大事。なので、特に使いみちがないお金は貯金しておくことは大切です。

いざというとき、手元にお金がないと、とても困りますしね。

でも、だからといって欲しいものがあるのに、貯金のほうが大切だと考えて、我慢してしまうのは良くありません。

 

貯金を始めると、貯まっていくのが嬉しくて、使うことよりも貯めることを優先してしまい、「我慢、我慢」の生活になるとあんまり楽しい人生とは言えなくなりますよね。

 

また、あなたの周りに、特に家族にそんな人がいたら、あんまり一緒にいたくないはず。

 

貯金は大切ですけど、お金を貯めることにこだわりすぎて、欲しいものを我慢したり、食事や旅行などの楽しい時間を待たなかったりするのはやめましょう。

 

ニセモノにお金を使う

どうしても欲しい高級ブランドの財布があったとしましょう。

お金があれば今すぐ手に入れたいけれど、そのような余裕がないとき、模造品だとわかっていながら、安いニセモノを買う人がいます。

 

ニセモノだと知っていながら買うことは、風水でなくとも良くないのは明らかですよね。

 

ニセモノでも良いから欲しいという気持ちには、きっと、他人に自慢したいという気持ちがあるはず。

それは、本物のバッグが欲しいのではなく、ただ単に見栄をはりたいという邪な気持ちに支配されているということです。

 

そもそも、ニセモノを持っていて、それを自慢したとして、嬉しいでしょうか?

このようなお金の使い方は、本当にムダな使い方、かえって金運を下げてしまいますよ。

 

<<おすすめの開運財布はこちら↓↓>>

ケチる

節約は上手なお金の使い方。

ケチるのはダメなお金の使い方です。

 

ケチるとは、払わなければならないお金を払わないこと。

あるいは、支払いをしなくてはいけないのに、ずるずると先延ばしにしていまうこと。

 

ここには、お金でズルをしようという邪な気持ちがあります。

このような人のところには、金運のみならず他の良い運気も寄ってきません。

払うべきものはキレイに払う。

これが最も大切なことなのです。

 

おわりに

風水で金運を上げる生きたお金の使い方と金運を下げるダメなお金の使い方、いかがでしたか?

お金は目的を持って、キレイに使うこと、これが風水で金運アップする極意と言えるでしょう。

お金は幸せを手に入れる道具。

お金の回りを良くして金運をアップし、たくさんの幸せを手に入れてくださいね!

 

<あわせてどうぞ!>

グーグル関連広告



-行動の風水
-

Copyright© 幸運をよぶ風水 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.