やってはいけない風水

やってはいけないNG風水 トイレ編 運気を下げないために風水で一番気をつけたいこと

2017/07/18

 

トイレは家の中でも最も悪い気が溜まりやすい場所のひとつ。
だからこそ、意識して一番キレイにすべき場所と言えます。

基本は、しっかりとトイレ掃除を行い、こまめに換気をすることで悪い「気を追い払うこと。

トイレマットとスリッパを用意し、トイレにある悪い「気」を部屋の中に持ち込まないようにすることです。

 

良い香りのする芳香剤を設置し、生花や観葉植物を飾って、

余裕があれば、毎日、盛り塩をすると効果抜群です。

いつでも、気持ちよく使える清潔で明るいトイレを目指しましょう。

そして、そのうえで「トイレでやってはいけない風水」をやらないことが大切です。

【広告】


トイレでやってはいけない風水

トイレットペーパーを大量に置いている

風水的に、トイレは最も悪い「気」が溜まりやすい場所と言えます。そして、紙は悪い「気」を溜め込みやすいものなのです。

トイレに必要以上のトイレットペーパーを置いていると、それだけたくさん悪い「気」を溜めこんでしまいます。

トイレに置く予備のトイレットペーパーは必要最低限にしましょうね。

 

トイレットペーパーを床に置いている

トイレットペーパーを、床に直接置くのもNGです。

ただでさえ、トイレは悪い「気」が溜まりやすい場所。そして、地面は悪い「気」を発する場所なのです。

そこにトイレットペーパーを直接置いていると、悪い「気」が付きやすいだけでなく、湿気やホコリも吸い取って、とても不衛生ですよね。

用をたした後、悪い「気」と湿気やホコリを吸い取ったトイレットペーパーで拭くことをイメージすると・・・。

 

トイレの中にロッカーがあればそちらに、なければオシャレなおしゃれなトイレットペーパーホルダーを用意して、そこで予備のトイレットペーパーを保管してはいかがでしょうか。

 

【スポンサーリンク】


本を読む・本を置いている

トイレが一番くつろげる場所。ここでゆっくりと本を読むのが楽しみ。

そんな方、いらっしゃるかもしれませんね。

でも、トイレで本を読むのはNGですよ。

 

本は紙、紙は悪い気を吸い込みます。

なので、トイレに本を持ち込むと・・・。さらに、その本を置きっぱなしにすると・・・。

ますますもって悪い気を吸い込んでしまいます。

トイレに本を持ち込むのは、絶対にやめましょう。

 

いろいろな物を置く

物は気を発しています。

たくさん物を置くと、それぞれが気を発して空間が乱れます。

さらに、トイレの悪い気を物が吸い取って、ますます悪くなっていくのです。

同じ意味で、トイレの中をゴチャゴチャと飾り立てるのも良くないですよ。

 

便座のフタを閉めない

トイレから悪い「気」が出るのは分かるけど、洋式トイレだと、便器内に水が溜まっているから大丈夫では?と思いがち。

でも、便器内の水は、風水的には汚れた水と考えられています。

フタを開けっ放しにしていると、便器から悪い「気」がドンドンと出てきます。
必ずフタをして、悪い「気」をシャットアウトしましょう。

同じく、トイレのドアを開けっ放しにするのもNGですよ。

toilet_benza_shimeru_girl

 

その他のトイレでやってはいけない風水

トイレに長居をする

→ トイレでは悪い「気」がつきやすいので、長くいればいるほど悪い「気」がくっついてきますよ。

 

トイレに自分や家族の写真を貼る

→ トイレは「陰」の強い場所。そこに自分や家族の写真を貼っていると、悪い運がつき、健康運が下ってしまうのです。

 

トイレにカレンダーを貼って計画を立てる

→ トイレで立てた計画は、良くない「気」(厄)がつき、計画自体、うまくいかなくなってしまいます。

 

トイレで食事をする

→ オフィスのトイレで食事をする人がいるとのことですが・・・、とても不衛生なので止めましょう。

 

黒系のアイテムを使っている

黒は「吸収」と「停滞」の気を持つ色。トイレで黒を多用していると、悪い「気」をより吸収してしまいます。
トイレは、明るくするのがベスト。トイレで用いるアイテムは、パステルカラーなどの明るい色が良いですよ。

トイレ用ミニ風水画【金運の泉】

おわりに

トイレでやってはいけない風水、いかがでしたか?

こちらで書いたことを、気づかないままやっていたという方、そんなに手間はかかりませんので、できるだけ早く直されることをおすすめします。

そして、トイレを明るく清潔にしてあげてくださいね。


<よろしければ、こちらもどうぞ!>

 

-やってはいけない風水