行動の風水 金運アップ

風水から見る宝くじ必勝法

2017/01/17

 

宝くじ、一等前後賞あわせて何億円!!っていう高額宝くじがたくさんあります。

「もし、宝くじに当たったら?」

そんな夢を思い描いたこともありますよね。

 

そうそう簡単に当たらない宝くじですが、毎年、数十人もの人が当選し、
億万長者になっているのも事実です。

では、どうすれば宝くじにあたるのか?

もし、風水で宝くじの当選確率が高められるのならば、
やってみる価値は大いにあると思いますよ。

 

 

幸運の持ち主が宝くじに当選する

宝くじの配当率は、およそ50%。

売り上げの半分しか、当選金に回ってきません。

1億円の当選金を得るためには、2億円分の宝くじを買わなければならない計算になります。

 

また、年末ジャンボで1等7億円というのがありました。

これは、単純計算で2000万分の1の確率でした。

 

こんな超低確率なのに当選するというのは、

本当に幸運の持ち主としか言いようがありませんね。

 

宝くじ当選者が行っていること

生まれながらにして強運の持ち主

たまたま巡り合せで、幸運期にいる人

努力で幸運を引き寄せている人

 

宝くじに当たるくらいの幸運の持ち主は、中でもずば抜けて強運といえますが、
実は、何らかの風水的な行動を実践しているケースが多いのですね。

 

金運が良くなる風水として、「西方に金色のものを置くと良い」ということが知られています。
でも、これを信じて実行している人は、一体、どれくらいいるでしょうか?

「ただの迷信でしょ」と鼻で笑うのではなく、
「もしかしたら、そういうことがあるかもしれない」と、試しにやってみること。

このように、素直で前向き、そして、実行できる人に幸運は舞い込んでくるものなのです。

 

宝くじに当選したいと願うのであれば、まずは、考え方、
そして、行動を前向きに切り替えることが、風水的に良しとされているゆえんです。

宝くじは、どこで買えば良いか

 宝くじは「吉方位」で

まずは、自分にとって「吉方位」にある宝くじ売り場で買うようにしましょう。

そもそも、宝くじで当選するということは、とんでもない超幸運を手に入れようとすることです。

「吉方位」で買っても当たらないのが当たり前。

まして、「凶方位」で買ったら、当たりっこないのです。

自分にとって「吉方位」にある宝くじ売り場で買うのは、
基本中の基本と言えます。

 

当選数が多い売り場で買う

「高額当選がよく出る」として、有名な売り場がいくつもあります。

そこでは、いつも長蛇の列が・・・。

 

販売数が多いから、当選数も多くなる。

ただの確率の問題に思えるのですが、風水的な理由もあるのです。

 

風水では、お金は寂しがりや。

なので、仲間であるお金が多く集まる場所に寄ってくる、と言われています。

宝くじも同じこと。

当選くじは、やはり同じ売り場に集まってくると考えられるのです。

 

実際、当たる売り場では何度でも当たりますし、
当たらないところでは全く当たりません。

なので、宝くじを買うときは、当たりくじがたくさん出ている
「強運の売り場」を選ぶことが大切なのですね。

 

買った宝くじは、どのように保管しておけばよいか

宝くじを買うまでは、アレコレ考えますが、買ったものについては、
割とぞんざいに扱ってしまうもの。

袋に入れたまま、キッチンに無雑作に置きっぱなし、
あるいは、サイフやカバンの中に入れっぱなしにしていないでしょうか?

 

まず、金運を強化するために、黄色の封筒に入れかえましょう。

 

次に、保管場所。

風水では、金運は暗い場所で増えると言われています。

もっとも、理想的なのは、木製のタンスの中、それが「吉方位」にあると、より良いですね。

 

<よろしければ、こちらもどうぞ!>

【スポンサーリンク】

-行動の風水, 金運アップ