<広告>

行動の風水

「これって、そのまま捨てても大丈夫?」 気になるモノの風水的捨て方【お守り・お札・財布・通帳・・・】

投稿日:

 

古いもの、使っていないもの、壊れたもの、汚れたもの・・・。

風水では、こういった役割を終えたものには、悪い「気」が溜まり、運気を下げてしまうといわれています。

 

風水の基本である整理整頓をしっかりと行うためには、まず、古いものや使わないものはスパッと捨てたいものですよね。

だけど、いざ捨てるとなると、

「そのままゴミ袋に入れて捨てても大丈夫かな?」

「後々、何かイヤなことが起きるんじゃないかな?」

と心配になる「もの」ってありますよね?

 

こちらでは、そういった気になるものの風水的捨て方をご紹介します。

ぜひ、参考にしてください。

【広告】


お守りやお札を捨てる

捨てるのが一番、ためらわれるのがお守りやお札。

ポイっとゴミ箱に入れるのは、これまでお世話になった神様を邪険に扱っているようで捨てにくいですよね。

 

さて、ほとんどのお守りやお札は1年物です。

年が変わったら新しいものと取り替えるのが基本ですので、古いものは処分する必要があります。

そして、お守りやお札は、やはり、そのままゴミとして出すのはよくないのです。

 

じゃあ、どうすれば良いか?なんですが・・・、

お守りやお札は、いただいた神社やお寺に返すことが原則です。

できれば、毎年、同じ神社やお寺に行って、古くなったお守りやお札を返し、新しいものをいただくようにすると良いですね。

もし、いただいた場所が遠くてなかなか行けない場合は、近くの神社やお寺にお返ししても大丈夫です。

 

写真を捨てる

写真そのものは、特に邪魔でなければ捨てる必要はありません。

でも、昔、付き合っていた恋人との写真やその時の思い出の品は、必ず捨ててしまいましょう。

そうでないと、もう終わった恋愛なのに、いつまでも尾を引いてしまい、新しい出会いがやって来ないですから、ね。

写真は、紙袋に入れて、そのまま燃えるゴミとして処分すると良いですよ。

 

 

プレゼントを捨てる

プレゼントには、それをくれた人の思いがこもっています。

市販のものであれば、そのまま捨ててもあまり気になりませんが、手作りのプレゼントだと、どうしても後ろめたい気持ちになりますよね。

その思いを引きずらないためには、お塩で清めてから捨ててみてはいかがでしょうか。

白い紙の上にプレゼントを置いて、お塩で清め、そのまま紙に包んで処分すると良いですよ。

 

人形やぬいぐるみを捨てる

人形やぬいぐるみを捨てるときは、注意が必要です。

特に人形は(とても怖い話ですが・・・)魂を宿したり、その持ち主の容姿や感情に影響を与えることがあると言われているからなのです。

 

人形は顔をキレイに拭いて、日本人形は和紙、その他の人形はきれいな布で顔をくるみ、さらに全体を紙で包んで、他のごみとは別に捨てましょう。

古い人形で、そのまま処分するのは気が引けるときは、神社やお寺に持っていくと良いでしょう。

 

ぬいぐるみは、風水的には、さまざまな悪い「気」を吸収するので、良くないアイテムとされています。

なので、ぬいぐるみはできるだけ、お家の中に置かないほうが良いのです。

特に強い思い入れがないぬいぐるみだったら、そのまま捨てて大丈夫です。

でも、子供のころから持っていたぬいぐるみであれば、思い入れもいっぱいですよね。

必ずお塩で清めてから処分するか、神社やお寺に持っていくようにしましょう。

 

お財布を捨てる

財布の寿命はおよそ1000日ですので、3年を目安に交換すると金運が良くなります。

財布は特に気にせず、そのまま捨てても大丈夫です。

でも、むき出してゴミ袋にいれるのはちょっとイヤな感じもしますので、黄色い紙袋に入れて捨てると良いでしょう。

 

<<おすすめの開運財布はこちら↓↓>>

預金通帳を捨てる

解約した通帳や、印刷スペースがなくなって使い終わった通帳も、捨てるのに困る代物です。

特に、お給料の振り込み口座として使っていた通帳は、自分の働いてきた”歴史”が残っているようで、捨ててしまうのは、ためらわれます。

このように、自分にとって思い出深いものであれば、そのまま残しておいても構いませんが、特に思い入れがない通帳だったら、パッと捨ててしまいましょう。

 

預金通帳もむき出しのままゴミ袋にいれるのはイヤなものですので、通帳をハサミでザクザクと切ったあと、黄色い紙袋に入れて捨てると良いですよ。

ちなみに、使い終わった通帳を銀行に持参しても処分してくれませんので念のため。

 

絵画や書を捨てる

ショップで買った絵画や書であれば、処分で気になることはないでしょうし、実際、そのまま捨てても大丈夫です。

問題は特別に描いてもらったものや、長い間飾っていたもの。

これらは、どうしても捨てにくい気持ちになりますよね。

絵画や書を捨てるときは、そこにこもっている念を切ることが大切。

ナイフなどの刃物で何度か切って、その念を断ち切りましょう。

あとは、そのまま処分してもOKです。

 

観葉植物を捨てる

お家の中で飾っていた観葉植物を捨てるのも、どうしたらよいか気になりますよね。

特に風水を意識して、愛情を持って育てていた観葉植物を捨てるとなると、なおさらです。

 

観葉植物は、少し枯れたくらいであれば、しばらく様子を見てあげてください。

日当たりを変えたり、水やりや肥料をやるなどの手入れをすると、復活することは良くありますので。

 

だけど、完全に枯れてしまって、茶色くなった観葉植物をそのまま置いておくのは、風水的にNGです。

実は我が家でも、ときどき、観葉植物が枯れてしまいます。

枯れてしまうのは大体、同じ場所においたもの。

きっと、その場所の悪い気を浄化してくれたから、だと思っています。

なので、処分するときは「これまでがんばってくれて、ありがとう」と感謝の気持ちを伝えています。

 

ちなみに、枯れてしまった観葉植物をゴミとして出す方法は、行政によって植物の部分と土とで出し方が異なります。

役所のホームページでチェックしてから、捨てるようにしてくださいね。

 

おわりに

気になるモノの風水的捨て方をご紹介しました。

読んでお分かりいただけた通り、「気になるもの」でも、人形とぬいぐるみ以外は気にせずに捨ててしまってもかまいません。

「大丈夫かなぁ?」と思うあなたの気持ちはとても素晴らしいのですが、ここはスパッと割り切って、尾を引くことなく捨ててしまって大丈夫ですよ。


おすすめの電話占い【ココナラ】

 

<よろしければこちらもどうぞ>

グーグル関連広告



-行動の風水
-, ,

Copyright© 幸運をよぶ風水 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.